七五三の着物レンタル☆厳選6サイト

HOME > 七五三の着物のレンタル情報 > ライフスタイル多様化の影響が出ている祝い事で代表格の七五三行事

ライフスタイル多様化の影響が出ている祝い事で代表格の七五三行事

江戸時代から子供の健やかな成長を願って神社や寺院に参拝する儀式が行われていましたが、一般的に3歳、5歳、7歳の子供が対象になっているので七五三といわれているようです。
江戸時代の頃は昨今と違って病気の治療技術が発達していなかったため、子供が生まれて2,3年の内に早死にするケースが多かったわけです。
そこで、3歳位まで生存できると無事に成長できたことを感謝し、将来も健康なまま大きくなっていけることを願う儀式が風習となり、現代まで受け継がれてきたわけです。
主に、11月15日に参拝するケースが多いですが、該当する年齢の子供がいる家庭で普及している儀式なので当日は予約していても大変な込みようになっています。
込み合う神社や寺院が多いので日にちをずらして参拝するケースも多々見られていて最近は年中行事化するようになっています。


幼い子供の成長過程における儀式なので、神社や寺院に参拝する前後に写真館等で記念撮影をして両親や周囲の人たちと共にお祝いの気持ちを共有する機会となっています。
レンタルショップで手配した着物を着て記念写真を撮り、レストランで両親始め、周囲の人たちと楽しいひと時を過ごしたことが後々まで良い思い出になっているはずです。
元々、七五三は地域ごとに別々の風習で広まっていたようなので、お祓いを受けるか、祈祷するか、あるいは、参拝する月日が厳密に決まっていたわけでないようです。
また、お祝いの対象となる子供の年齢も同様に地域により同じだったわけでないようです。
このため、最近のような生活のあらゆる面で多様化を推奨する社会では冠婚葬祭行事を簡素化したり、商業化する風潮が益々広がっています。


込み合う神社や寺院への参拝も省略して七五三直前にレンタルショップで手配した着物姿の記念写真撮影だけで済ますケースの増加がその一例でしょう。
一日だけしか着ないのでわざわざ購入せず、レンタル衣装で済ますケースが圧倒的に多いようです。
ところが、普段着のままで神社や寺院へ参拝せずに皆でテーマパークへ出かけて大騒ぎするケース迄行われているようです。
さすがにここまで脱線するとやや行き過ぎではないかと批判する声も良く聞かれるようになりました。
もちろん、冠婚葬祭行事全般に自分たちのライフスタイルや考え方で行動しても問題になることはありません。
しかしながら、夫々の行事を行う目的まで意識しなくなり、遊んで楽しむだけでは当人にとっての思い出になることもなくなるので残念な行事になってしまうわけです。

カテゴリー

PAGE TOP